家庭教師とお絵かき・・・はしない

プロ家庭教師の強み

家庭教師を依頼する場合、学生アルバイトが指導する一般的な家庭教師と指導経験が豊富な社会人によるプロ家庭教師の2種類があります。
志望校を決めて受験指導を行う際には、プロ家庭教師に依頼すると志望校別に指導カリキュラムを生徒に合わせて組む必要があるので、今まで合格させてきた指導経験を基に合格ラインを見据えた必要な学力に向けて指導計画を常に調整しながら行って行けます。
学生家庭教師では、質疑応答を行うことは出来ますが指導方針を基にした授業をしっかり行うことは難しい現実があります。
年代が近い学生家庭教師は、話題や趣味の話が合いやすいのですぐに溶け込めますが、プロ家庭教師はコミュニティション力が高く生徒の目線に立った指導を行えます。
プロ家庭教師は適切な進路指導を行うことも出来るので、保護者に向けた進路相談を受けることが出来ます。授業のためだけに雇われているわけではないからです。
確かにプロ家庭教師の費用は学生家庭教師に比べて高いですが、中学受験は1度しかない勝負の時期です。生徒に合わせた授業を常に行わないと、時間の無駄となってしまうので勿体無いことになります。生徒の学力向上に合わせて柔軟なカリキュラム編成の項目を変えて行くことが出来るので、指導方法についてはプロ家庭教師に任せた方が良いわけです。

家庭教師のメリット

生徒の学力向上にとって大切なことは何だと思いますか?
残念ながらすべての生徒に当てはまる明快な答えはありません。ある生徒にとっては、勉強へのやる気を引き出すことであり、また、別の生徒には学習プランを練ってくれる存在であるかもしれません。また、進路への適切なアドバイス、学力に見合った問題の選定、チャレンジ心の育成、疑問点への明確な解答なのかもしれません。生徒のおかれた学校や家庭の環境、性格、学力が違うわけですから、すべての生徒に共通した学力向上の方策はありません。
しかし、個々の生徒だけを見るならば、その方策は存在します。その方策を見つけ、学力向上をさせ、生徒の未来を切り開くための最適の環境は家庭教師ではないでしょうか。中でも、プロ家庭教師はおすすめできます。
受験で合格を勝ち取るには、生徒一人一人に適した指導者が必要です。しかも受験の傾向や実情を知りぬき、これまで多くの実績を残してきた指導者であるべきです。それがプロ家庭教師なのです。
プロ家庭教師は家庭教師の中でも、選ばれた存在です。単に教師の学歴が高いとか、教え方がうまい、だけでは生徒を合格に導くことはできません。それにプラス何かが必要なのです。プロ家庭教師が多くの実績を出してきているのは、それをもっている証左であると言えます。
これまでの多くの経験から生徒の資質を見抜き、生徒が戦うための最高の環境づくりをしてくれるはずです。

家庭教師を選ぶポイント

中学受験を目標に、小学生のころから塾や家庭教師を考える家庭も増えつつあります。家庭教師を選ぶとき、どのようなポイントやメリットがあるのでしょうか。
塾や個別指導などは、子どもが出向いて勉強しにいきます。しかし、学校帰りに塾に通うとなると、なかなか体力的にもしんどいもの。その点、家庭教師だと家でゆっくりできる時間もとれますね。
やはり成績をのばすならプロ家庭教師にお願いしたいところ。子どもとの相性がかなり影響するのが、実は家庭教師なのです。いくら勉強を教えるのがうまくて学歴もいい先生でも、子どもと相性が悪ければその子どものプロ家庭教師にはなれません。
自分の空間である場所に他人を招くわけです。相性が悪ければ心を閉ざしてしまいますよね。逆に、相性ピッタリのプロ家庭教師に出会うことができれば、子どもは心を開きやすくなります。塾など集団の場では質問しにくい問題も、質問しやすいですよね。もしかすると、勉強以外の人生の相談なども乗ってくれるかもしれません。子どもの心に寄り添えるパートナーこそがプロ家庭教師です。
子どもの学力が伸びない…となると、家庭教師との相性もあるかもしれません。
子どもがいい意味でリラックスしながら勉強できる空間を作ることは、勉強に集中しやすいのです。素敵な家庭教師と、二人三脚で中学受験を目指してみませんか。

先生の指導方針

中学受験で合格を勝ち取るためには、お子さんをどのような環境に置くかが大切になります。さらに言うならばお子さんにとっての最高の教育環境は教師ですから、どのような教師にお子さんを預けるかが大切になってくるということです。
もちろん教師の人間性の問題も出てきますが、中学受験で求められる力はどのようなもので、それを身につけるにはどのようなことが必要かをしっかりと認識している教師でなければなりません。
また、お子さん一人一人の状況を考え合格へと導くにはどのような指導方針を取ればいいかを適切に判断し、実行できる教師でなければなりません。それができるのがプロ家庭教師だと言えます。
中にはやる気を引き出すためにお子さんに迎合したり、反復練習に重きを置いて基礎学力、知識の定着だけを図る教師もいますが、中学受験を考えたプロ家庭教師は違った指導方針をとるでしょう。
時には厳しさも必要でしょうし、ほめてその気にさせることも必要です。教科にかかわらず、知識偏重にならず、発想力、論理的思考力を磨くような授業、指導方針をとるプロ家庭教師が多いのではないでしょうか。
プロ家庭教師は教師の中でも実績を出している教師ですから、その指導方針を信じてお子さんを預ければよいと思います。

塾との併用

プロ家庭教師は子供たちの性格や学習状況を把握しながら様々な科目を教えています。
家庭に派遣するプロ家庭教師はプロが認めたプロなので塾との併用を考慮しながら自分自身にあった家庭教師を選ぶようにしてください。
プロ家庭教師は徹底的に問診をします。また中学受験をする生徒にはダブルティーチャー制を導入しているので納得がいくまで授業の理解度を深めることができます。
またプロ家庭教師は独自のノウハウに加えて様々な教材を生徒たちに提供しています。教材のオリジナル性も高いです。なので色々なサポートを受けながら指導を受けるようにしましょう。
事前に相談をすれば電話で相談することができます。相談できる時間は13時から20時までです。電話では学習の計画立案や受験情報などを提供してくれます。
またプロ家庭教師は費用も安いです。初期費用は20000円です。教材費や管理費などは一切かからないので安心して通い続けることができます。指導料金は後払いになっています。電話勧誘や訪問勧誘などもないので講師が責任を持って授業を進めます。入会をすると偏差値が上がる参考書がもらえます。なので短期間で受験勉強のノウハウを確かめることができます。

プロと学生の違い

お子様の輝かしい未来のためにも、ぜひ中学受験をと考えられている保護者の方は近年増加しつつあります。
しかし、実際中学を受験するという状況になった時は、受験に適した正しい学習方法を行わなくてはなりません。なぜなら、小学校の授業内容だけでは、中学受験を乗り越えるのはかなり厳しいものだからです。
中学受験専門の塾も中学受験の希望者の増加に伴い数多くありますが、多くの人数で受ける授業は、すべてのお子様に適しているとは考えにくいものです。
そお子様一人一人の能力に適した学習を行うには、中学受験に特化したプロ家庭教師と学習することが良い方法の一つと考えられます。
お子様の性格や意欲に応じて、様々な面より学習のサポートを行い、個々に応じた方法で積極的に受験勉強に向き合っていくことができます。また、一対一の学習になるので、しっかりと自分自身を向き合うこともできます。
家庭教師は特に資格などを必要とはしませんので、大学生などが指導を行うことも可能です。しかし中学受験は、志望校に合格させる指導を行わなくてはならないので、とても責任のある指導となります。中学受験専門のプロ家庭教師ならば、様々な知識と教養を持ち、高い意識でお子様の学習を支えていきます。

家庭教師と個別指導塾の違い

プロ家庭教師は子供の性格を識別します。このようなところは個別指導塾とは大きく異なるところです。
常に生徒たちの悩みを聞き取るところもプロ家庭教師の魅力的な部分です。プロの観点から様々な教科を教えてくれるのでできるだけ早いうちから問題の解決策を見つけてください。
家庭教師は中途半端な教え方はしません。また授業の内容も分かりやすいのでストレスを感じることも全くありません。
どのような状況でも時間をかけながら授業の様子を観察します。強力なサポート体制も魅力的なので家庭教師は個別指導塾とは全く違いますし通いやすいです。
家に先生が来るとリラックスをしながら学習することができます。このようなスタイルで授業をするので子供の成績は必ず上がります。
派遣地域内の先生であれば簡単な条件と照らし合わせてすぐに派遣することができるのでとても助かります。相性の良い教師とも出会えるので興味があれば問い合わせてみましょう。プロ家庭教師には知的な講師がたくさんいます。なので頼もしい先生を選ぶようにしてください。気になることがあったらどのようなことでも良いので相談しましょう。先生は徹底的にサポートしてくれるので生徒の表情も明るくなります。

授業時間と回数は

中学受験で必ず合格したいなら、学習方法を工夫しましょう。効果的な学習を続けることによって、志望校に合格することができます。
中には、塾に通いたいけれど、自宅から遠いために断念せざるを得ないケースが見受けられます。また、通学中の安全面を考慮して、入塾をためらう場合もあります。
そのような方におすすめしたいのは、プロ家庭教師による学習指導です。プロ家庭教師ならば、ご自宅にうかがって学習指導を行います。子どもが塾へ通う時間や手間を省くことができますから、よりいっそう効率的な学習を実現します。
尚、プロ家庭教師による学習指導は、一回につき2時間が目安となっています。月に8時間の学習指導が一般的ですから、予習や復習の時間も考慮していますので、効率的な受験勉強ができます。
さらに、希望に応じて、学習指導の時間を増やすことも可能です。偏差値の伸び率などを考慮しながら変更できます。
また、さまざまなプロ家庭教師がそろっていますので、子どもとの相性に合わせて選べます。親しみやすい若い講師もいますし、指導歴が長いベテランの講師も在籍しています。子どもが前向きな気持ちで学習に取り組むことができるように配慮しています。

指導料の相場

プロ家庭教師の指導料の相場は2万円程度です。入会金の他には一切費用がかかりません。なので安心してプロ家庭教師から様々な指導を受けるようにしましょう。
入会をするときは電話やメールで問い合わせてください。そうすれば具体的な学習相談をしてくれます。講師を選考するときは指導カルテを作成してからプロ家庭教師を決めます。生徒に合った講師を選んでくれるので学習内容の理解度も深まります。
講師が決定したら指導力や子供との相性が適格であるかどうかを判断します。無料体験講義なども実施中なので顔見せをするためにこのような講義に興味を示しましょう。
指導の費用は業界でも最低価格を提示しています。最高レベルコースに在籍をしている先生も数多く登録しています。なので他社の授業料と比べてみましょう。
在籍をしている家庭教師はプロのノウハウを無料で提供してくれます。的確なアドバイスをしてくれるので分からないことは何でも相談したほうが良いのかもしれません。
御三家レベルの学校を目指すときはスーパープロコースを選ぶようにしましょう。授業の費用は7200円なので定期的に通い続けることができます。指導力も優れているので達成感が得られます。

東大生ならではの勉強法

家庭教師とは、塾とも個人の塾とも違って普段からいる家でリラックスしながら先生に勉強を教えてもらえるものです。わざわざ塾に行く手間を省くことができるので時間も無駄にしないですし勉強に集中することができるのがいい所です。
その家庭教師の中でも東大生の家庭教師の場合は、お願いする方も普通の家庭教師よりも価格設定が高いです。
それはそれだけ東大に行きたいと思う人が多く依頼するからです。東大生というのはブランドで、東大に行きたいと思う人にとっては一番近い存在でしょう。
東大生にはその人それぞれの勉強法が違います。同じ東大生でも教え方が違うので、合う合わないはあります。それはどの家庭教師の場合でも同じでしょう。独特な勉強法の人もいれば普通の人と同じ場合もあります。
ですが東大生の家庭教師ということで費用ははずむ場合が多いです。勉強法は他の人と同じだとしてもやはりプロなので収穫が違います。同じ教え方でも頭に入ってくるきかたが違いますので、さすがと実感することができるでしょう。
東大生ならではの経験や方向性なども教えてもらいながら試験に向けての対策をしてもらって東大に無事に受かれるようにあとは自身で努力しましょう。

家庭学習にも効果的

東大生の家庭教師を雇えば、家庭学習にも大きな効果を得られるようになってきます。
家庭での学習方法によって、成績をあげることができますが、東大生の家庭教師を雇うことで効果的な学習方法を教えてもらえるようになるのです。
勉強は、ただ長時間行っていけばいいというものではありません。集中力を持続しながら勉強をしていくことで、頭の中に知識を入れることができるのです。
東大生の家庭教師を雇えば、集中力を維持する方法から、短時間で効率的に勉強するコツについて学んで行くことができるため、学力を高めることができます。
知識という部分について直接習っていくだけではなく、上手な勉強法について東大生の家庭教師から教わっていくことで、長期間にわたって無理なく勉強を行っていくことができます。
このコツを教われば、家庭学習がうまく行かないお子さんでも、自分で勉強しようという意識が出てくるようになるので、成績が芳しくなかった状態から学力を上げていくことができるでしょう。東大生の家庭教師に依頼すれば、勉強の点で重要な部分についてもしっかりと教えてもらえるようになり、長い受験勉強もストレスなく継続していくことが可能になってきます。

東大受験をするなら

東大を受験する場合に、東大生の家庭教師をつけるメリットは、ひとつには実際の入試を通ってきているので、経験者ならではの指導をしてくれるという点にあります。
東大の入試では、一般入試の試験科目が多いのが特徴です。文系、理系でそれぞれ2科目づつの社会、理科を受験しなければならないので、各科目ごとの勉強配分を考えなければなりません。東大生の家庭教師であれば、その点をよくわかっているので、全体を通して均等な勉強時間の配分を指示してくれるでしょう。
苦手科目がなく試験に挑むことができれば、試験全体の総合点も伸びてきます。
また、試験問題自体もいわゆる難問と言われるひねった問題が出る可能性があります。実際に東大向けの試験勉強をしてきた東大生の家庭教師なら、その辺りの傾向に詳しいはずなので、色々と尋ねることができるでしょう。
さらに忘れてはならない大きな要素は、安心感です。目指している試験に合格した人に教えてもらったという心理的な安心は、実際の試験の場での余裕につながり、持てる力を最大限出し切れるという結果につながるようです。
以上のような東大生の家庭教師をつけるメリットを考え、東大入学という大きな目標に向かって最適な勉強法を探されるのが良いと思います。

中学受験を家庭教師で対策

中学受験を控えた生徒の対策として、集団塾に行くのは一般的です。その上、家庭教師も増やして勉強する受験生もいます。
中学受験に際して、小学生が一人で勉強のスケジュールを立てるのは難しく、多くの親御さんが面倒を見ていることが多いです。
家庭で、塾の復習や宿題を見てあげたり、分からないところを教えてあげたりと、親御さんの協力は必要です。
しかしながら、仕事や家事などの兼ね合いで、常につきっきりで子供の勉強の面倒を見てあげられない、という場合もありますし、当然のことです。こういうケースには、家庭教師を呼んで、親御さんの代わりに先生が中学受験対策を代わってもらうのは有効です。
それ以外のケースとして、自宅で勉強するとあまり集中できずに、テレビやゲームで遊んでしまう、という子にも家庭教師が適しています。家庭教師が家に来ている時間がそのまま勉強に当てることになり、学習時間が増やせます。
中学受験の家庭教師は、本人も中学受験を経験したことのある先生がいます。経験者に教えてもらえれば、話がつきやすいのもメリットです。志望校対策だけでなく、受験生の不安な気持ちを理解してくれるので、生徒にとって心強い味方ができます。
参考サイト