子どもとの相性が重要

中学受験で家庭教師を利用する場合は、プロを選ぶことは当然のことですが、教師と子どもとの相性が一番重要です。
家庭教師は塾などと違い、他人が家庭に訪問して勉強を教える、異質な感じのする教育方法です。したがって、最初、子どもは警戒するかもしれませんし、ストレスもたまるかもしれません。それをどうやって取り払っていけるかが家庭教師の技量です。
子どもに心を開いてもらえば、知識の吸収も早くなり、理解力も深まります。
いくら指導歴が長い先生であっても、子どもに嫌だと思わせたら、その先の子どもの進歩はありません。
最近のプロ家庭教師を派遣する企業は、プロの教師が徹底した問診を行い、子どもの現状や関心事、性格や勉強の様子を伺って、子どもの性格とマッチした家庭教師を選び、派遣するところもあります。また、家庭教師と親、子どもを交えて、面接を行い、先生を採用するかを判断し、契約をサポートする会社もあります。
家庭教師のメリットとしては、固定した先生に全教科を教えてもらえるため一貫性があることと、塾とは違って、子どもに対して希望に合った内容の指導をお願いできることなどがあります。先生がどれだけ親身になって子どもの中学受験を考えてくれる人かが重要です。