指導時間と回数

中学受験に際して、大勢をひとまとめに指導している塾よりも、個々にあったサポートとカリキュラムを求めて家庭教師を選ぶ人は少なくありません。お子さんによっては、塾の環境をストレスに感じることもあるかもしれません。そうなっては元も子もありません。その点家庭教師であれば、自宅で勉強でき、時間や回数も応相談で決められる場合も多く、親御さんの負担も少なく済むと言えます。

一般的に中学受験に向けての勉強時間は、平日で2〜5時間、休日では5〜10時間が目安と言われています。しかし、時間や量が多ければ良いというわけではもちろんありません。大切なのは、質です。自身にあったスケジュールを立てて勉強していけるかどうかがカギとなってきます。

家庭教師であれば、塾と比較して、指導時間や回数は短時間という傾向にあります。
なぜなら、個別である分授業の密度が濃く、先生がその生徒にあった指導を行えるため、ピンポイントで苦手対策ができたりとカリキュラムに無駄がないからです。先生の指導をもとに自分でも学習することで、効率よく、塾に通うのと遜色ない実力をつけることができるでしょう。

いかがでしたでしょうか?
受験勉強において大切なのは、量より質です。お子さんの集中力を活かせる指導時間と回数を、先生とも話し合い、検討しましょう。それを軸に、効率よく充実した勉強法で受験生活を戦いぬきましょう。