授業回数はどのぐらい

東大生の家庭教師に、授業を教えてもらうにあたって、授業の頻度をどれくらいに設定すれば良いのかお悩みのご両親の方は、お子さんの学力に合わせて授業回数を増減させるのが一番です。
苦手教科が一教科のみの場合には、週に数回程度の授業で、力を伸ばしていけるのですが、苦手教科が複数ある場合には、毎日家庭教師に教えてもらうことが最適です。
東大生の家庭教師はそれぞれ専門の教師がいるので、理科や数学が苦手なお子さんの場合には、理系の学生を、文系科目が苦手な場合には文系の学生を派遣してくれるので、苦手意識を持っている科目にあった講師に教われます。
東大生の家庭教師とマンツーマンで学ぶことは、学力を向上させるための第一歩にもなりますので、これまで勉強をさせてこなかった親御さんも、苦手科目を克服させるために、東大生の家庭教師に授業を教えてもらいましょう。
小学生から高校生まで、それぞれの年齢に合わせた授業があり、東大生ならではの楽しい授業がありますから、楽しみながら学習を進める習慣をつけてくれるのです。
一コマあたりの授業料ですから、これから東大生の家庭教師に学ぶなら、どの講師にするか決めてから、実際ん自宅学習をしましょう。